北海道アマ王将戦中標津地区大会

9月30日に行われる北海道アマ王将戦出場権1枠をかけてアマ王将戦中標津地区大会が開催されました。^_^

9月2日午前10時齋藤洋品店二階

AグループとBグループに分かれて各グループ優勝者が優勝決定戦を行い地区代表を決定する。


Aグループは、優勝候補の渡辺六段が有力視されましたが初戦でいきなり敗れ、柿本四段との優勝候補同士の対決にも敗れ優勝争いから脱落しました。一方柿本四段は、この闘いを制し四連勝となりグループ優勝に大きく前進となり決定かと思われましたが、齋藤四段も四連勝となりグループ優勝をかけて最終局で対決となりました。齋藤四段の粘りのある将棋で柿本四段を撃破し五戦全勝とグループ優勝を決めました。

Bグループは、根室市から参加の奈良岡五段をはじめ、宮崎五段・小野瀬五段・和田五段と優勝候補が多く誰が抜けだしてグループ突破をするのか?
小野瀬五段は、初戦こそ勝利しましたがその後、連敗となり優勝争いから脱落、和田五段も優勝候補の奈良岡五段と宮崎五段に敗れ脱落となり、直接対決がなかった奈良岡五段と宮崎五段が五戦全勝としグループ突破をかけて対決となりました。奈良岡五段が経験豊富な指し回しで宮崎五段を撃破しグループ優勝を決めました。

優勝決定戦は、齋藤四段が辞退したため奈良岡五段が優勝となり、全道大会の切符を手にしました㊗️


優勝
奈良岡敏之 五段 (根室市)㊗️㊗️㊗️


準優勝
齋藤貴重 四段

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):